最安価格で対応いたします。(無申告の申告書の提出はなんと無料!!)新宿区・渋谷区密着型の緊急対応可能な税理士事務所です。開業・創業をされたかた、無申告のかた、悩まずにまずはご相談ください。早朝、夜間・深夜、土日もお任せください!!


このようなお悩みありませんか?

以下は、お客様からのお問合せです。

開業をしたが、会計や税金のことが全くわからないし、どこに何を提出すればいいかわからない。また、税金の申告をしないといけないと思うが、どうすればいいかわからないし、税理士に知っている人がいないので、どうしようか悩んでいる。
会社にお勤めのかたで、仕事でプロフェッショナルの領域までいくと、会計や税金のことを考えず独立開業される方は多くおられます。
しかし、経営者は本業とマネジメントの2つのことをしなければなりません。
マネジメントとは、資金繰り、労務、会計・申告などで、それまでの従業員等の立場では知らなかったことを行わなければなりません。
このマネジメントを軽視すると、せっかく本業の腕があっても、計画性がないため常に資金繰りで悩む、従業員が定着しない、会計がわからないので利益が出てるのかどうかもわからない(利益が出ているはずなのに、なぜか資金繰りが苦しい)といった事態に陥ります。
当事務所では、税務署への書類の提出はもちろん、試算表(損益)の説明を納得のいくまで懇切丁寧に行います。
また、開業時から経営のサポートを行っております。
なお、提携している社労士、融資アドバイザーもいますので、税務署以外の各官庁への届け出、融資のアドバイスもあります。
現在、税理士に関与してもらっているが、試算表をもらうだけでアドバイスをもらえない。 会計事務所の丸投げパックというものを使って、税理士に資料を毎月渡して試算表をもらっているが、特に試算表の説明もないし、申告書の提出期限間際に税金をいくら払うか連絡がくるだけで、会計も税金も何がどうなっているかわからない。
会計事務所から試算表をもらうだけ、あるいは郵送で送られてくるだけ、というかたも多いようです。
試算表を読めるかたはそれでもいいと思いますが、そうでない場合、せっかく試算表を作ってもらっても意味がありません。
試算表は過去の事象を数字で表したものです。
なぜそのような数字になったかを紐解くことがマネジメントの一つです。
粗利率(利益率)が同業者と比べて高いのか低いのか、なぜ高いのか低いのか、過去の自社のデータと比べて売上が上がったのに、なぜ利益が下がったのか(どの経費が増えたのか、なぜその経費が増えたのか、その増えた原因は適正か)等。
また、試算表の数字から将来の利益等の予測をし、納税額がどれくらいになるか、そのためにはどれくらいの資金を確保しておかないといけないか等の有効なアドバイスを行います。
税金について、人に相談できない悩みがある。 (お悩み1)今まで事業を行ってきたが、たまたま申告書を提出する月に仕事が忙しくなって申告しなかった。その後、気まずくなってずっと申告をしていない。 (お悩み2)軽い気持ちで副業をして意外と利益が出たが、あまり副業を続ける気もなかったので申告をせずにとりあえず放っておいた。 しかし、その副業を続けてみると好調だったので、開業して本業にしようかと思うが、今まで無申告だったので、今さら表に出しずらい。 また、開業するにあたり銀行からの借り入れもしたいが今のままでは借り入れできるかわからない。 今までの副業を隠しておいたほうがいいか、正直に申告をしたほうたいいか悩んでいる。 (お悩み3)いわゆる夜の仕事をしていたが、周りの人も誰も申告していないし、税金も払いたくなかったので、申告をしていない。 でも、申告をしなければならない事情(所得があったことを証明しなければならない等)ができたので、申告をしなければならなくなった。 しかし、申告をするにしても領収証等の書類は残っていないし、帳簿もつけていないので、売上の金額も経費の金額もわからない。
社会のルールですから、申告義務があるかたは、申告をしなければなりません。
しかし、税金を払いたくないという気持ちは誰もが同じすので、申告しなければならないとは思いつつ、無申告のままで放っておいてしまったという気持ちは私にもわかります。
きちんと申告をしたほうがいいですが、本税以外に延滞税や加算税も納付しなければらならいため、資金上の不安があると思います。
そこで、無申告の決算・申告の料金を当事務所が無料で請け負います。
(今後の顧問契約が条件となります。顧問契約に至らない場合でも低価格で決算・申告を行います。)そして、その浮いた決算料・申告料を税金の納付に充ててください。
そして今後は適正な会計・納税を行い、健全に経営していきましょう。
売上の金額や経費の金額がわからないので、どうしようと思われているかたも、悩まずにまずはご相談ください。
申告することが重要です。なんとか穏便に済む方法を一緒に考えましょう。
※当たり前のことですが、守秘義務は厳守いたします。契約に至らない場合でも秘密は必ず守ります。
税務署から税務調査の連絡が来たが、どうすればいいかわからない。 いきなり税務署から調査に行きたいとの連絡が来たが、どうすればいいかわからない。
当事務所の所長は、税務署での勤務経験があり、税務調査を行っていました。
税務調査を受けるにあたり、どのようにすればよいか対策をします。
また当日は調査に立会い、できるだけ穏便にすむよう動きますので、ご安心ください。
早朝・深夜や土日に面会したいが、会計事務所の営業時間外で見てもらえない。 (お悩み1) 日中は仕事を行っているため、 税理士に面会したいが早朝か夜間・深夜しか時間が取れない。 (お悩み2) サラリーマンのため平日しか時間が取れないが、 土日は会計事務所が営業時間外で会うことができない。
当事務所は土日も対応いたします。また、
早朝や夜間・深夜でも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

※事前にご連絡をいただいたほうが、スムーズにお会いできます。

お問合せは、お気軽にどうぞ。

お電話の場合、
080-8906-0399 です。