(お悩み)
金融機関に会社への融資を申し込んだが、会社から社長(=私)への貸付金があることを理由に断られたので、困っている。
また、会社から私への貸付金があることを理由に、金融機関から融資を断られたことについて疑問に思っている。

(お答えします。)

金融機関が貸付けを行うにあたり、色々な観点から経営状態を審査しますが、その一つに純資産の額がいくらあるか、というものがあります。

純資産の額とは、資産の額から負債の額を引いて算出しますが、社長への貸付金がある場合、資産の額はその社長への貸付金を除きます。

これは、社長への貸付金は返済されないことが多いことから、見かけ上の資産と判断され実質的な資産とはみなされないためです。

おそらく御社の資産の額から社長への貸付金を引いて、そこから負債の額を引いた結果(=実質的な純資産の額)、マイナスとなり、債務超過と判断されて融資を断られたのではないでしょうか。

同じようなケースで金融機関から融資を断られて、悩まれているかたがたくさんおられますが、当事務所では合法的にその社長への貸付金(=見かけ上の資産)を純粋な資産に変えるノウハウを持っております。

悩まれているかたは、一度ご連絡ください。